女性の仕事といえば、何を思い浮かべますか?
看護師や保母さんが真っ先に浮かびませんか。
そんな二つを掛け合わせた、保育園看護師という職業があります。

共稼ぎ世帯などで、子どもをなかなか家で面倒を見ることが出来ない場合、預けるのが保育園です。
幼稚園や学校は働くためには教員免許が必要で、そこの保健室なども養護教員過程などを卒業して教員免許を取った人が勤務していますが、保育園の場合はそういった資格は必要がなく、看護師の資格を持った人たちが勤務しています。
保育園看護師は2007年半ばころまでは配置は義務付けられていませんでした。
しかし、体が弱い子やアレルギー反応が強い子が増えてきたことなどから2007年後半からは看護師の配置が義務付けられ、急な発熱などで親が呼び出されることが少なくなりました。
しかし、慢性的な看護師不足などからすべての保育園で配置されていないのが実情です。
では、保育園看護師の仕事内容について説明します。
一番大きな仕事は急な体調の変化やケガなどに対する対応です。
看護師が配置されるまでは、ちょっとした発熱や怪我などでも働いている親が呼び出されるなど、仕事に支障をきたすことが多かったので、働くお母さんたちにとって保育園看護師は大変ありがたい存在です。
また、保育園などで行われる健康診断の補助や、保育園児の保護者からの子どもの健康相談などへの対応、保育師が大変なときの保育師の手伝いなど業務は多岐に渡ります。
保護者や保育師、園児、医師などと連携を組まなくてはならないので、そういったコミュニケーション能力の求められる仕事です。
病院のように夜勤もないので、家事や育児と両立させたい看護師にはぴったりの仕事かもしれません。
転職を考えている看護師がいたら、保育園看護師の求人を探してみるのもいいでしょう。