多くの女性は、結婚や妊娠、出産、介護などのライフステージに合わせて働き方を見直す時期がやってきます。
出産・育児休暇を取得したあとに、仕事復帰することが難しくなるケースもよく聞く話です。
そのため、キャリア構築中の女性のなかには、出産や育児よりもキャリアを優先的する人もいれば、逆にキャリアを諦めて家庭を優先する人もいます。
以前に比べると、出産・育児休業が取得しやすい社会にはなりつつありますが、不妊治療を行っている人などがキャリアを断念しなければならないケースもまだまだ見られます。
社会情勢も大きな変化を迎えている今日、女性の働き方がどのように変化していくのか注目したいところです。